読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たち、私たちは、オタ卒したい芸人です。

アイドリッシュセブン

ゲーム

なんというかな〜〜。青い鳥SNSのTLに流れて来たし私自身もずっと引っかかってる部分があるから書いちゃうね。ここから先は自己責任ってことでよろしくお願いします。

 

まず第一に私は歌王子が大好きだ。二次元で1番好きな人もその作品にいるし、たぶんこれからも暫くは私の好きの割合を多く占めるんだと思う。グッズにそこまで関心が無くてもその人のグッズが出たら数個は集めるくらいにはその人が大好きだ。伏せてると話しづらいから言っちゃうけど日向龍也がキャラとか二次元だからとかそういうのじゃなくて人として本当に大好きなんですよ。

第二に2番目くらいにアイドリッシュセブンという作品とTRIGGERというユニット、十龍之介というアイドルが好きだった。2番目以降はあやふやで確実な順位付けは出来ないけれど、日向さんの次にお金をかけていたはずなの。ソシャゲ<グッズでお金を落とすタイプの私でも微課金勢と呼べるくらいには課金して、その上アニカフェやアルミを箱買いするくらい熱を入れて応援してた。ランクも3桁でストーリーも2部まで全部読破済み。

 

以上の2つの事柄を前提として話をしましょう。

 

リアルでもネットでも情報網を張り巡らしていないからその情報が届くのは他人より遅かったと思うし、深いところまで知っていないかもしれない。混乱に乗じた誰かの嘘を信じ込んでいるだけかもしれない。けれど、やはりアイドリッシュセブンは様々な物や作品を取り入れ吸収し、それを発展させるのではなくパクってしまった。そう感じるのです。事を知ったのは2部を読み終わりアニカフェに通い終わった頃。最初は本当にまた一部の人がテキトーなことを言って盛り上がってんな〜って認識だった。それこそ“釣り”だとばかり思ってた。歌王子作品と似ているなんてサービスが始まる前からTwitterで(茶化すような感じで)騒がれていたことじゃあないか。事前登録が開始してキービジュアルが初披露された時から「赤髪とかもう音也じゃんwww」「色合いがめっちゃうたプリwww」とかそんな声をよく見たし、髪色で似てくることはあるよね〜、もう仕方ないわ。くらいの気持ちで重く受け止めはしなかったし、これくらいなら流す気でいた。みんな前々からわかってたことでしょ?って。けれど日を過ごす毎に、本当に過言ではなく1日ごとに新たな疑惑がどんどん出てきて、さすがにこれは釣りなんかじゃあなく信憑性が低いとは言えない、真実に近い疑惑なんだと思った。そんなこと思いたくなかったけれど思わざるを得なかった。

何を最初に見たとかは覚えていないから1つごとに改行して話そうと思う。1つ目はアイドル自身の設定のパクリ。これは1部を開始した時点から「ん?」ってなる部分は無くは無かった。それこそ鈍感な私でも気がついてしまうくらいの類似点はあった。特に気になったのは・陸が呼吸器系の病気を患っていること・ナギが「my princess」という呼称を使うこと・作曲家ハルキが失踪したこと。この3つだけは他の誰かが指摘する前から違和感を覚えていたし、どこか心の中で引っかかっていた。患っている病気や部位は違うけれどアイドルとして活躍するには不利な病気だという点では似ていると思った。いや過去形ではなく今も思っているのだけれど。明るいアイドル志望の子がそんなたくさん病気にかかるのか、と。これは来栖翔(うたプリ)のゲーム内のみの設定を少し改変したものなんじゃあないか。そう思った人も少なくはないと思います。それこそ来栖翔のファンなんて少なくはないどころか大勢いるからね。とりあえず私の知っている【病気を患っているアイドル志望の人】なんて来栖翔と七瀬陸しか知らないよ。だってこんな鬱設定そうそう思いつくものじゃあないよ?次のナギの呼称。これも「外国人ってみんなprincessって言わなきゃいけないの?w」って思ってた(笑)最初はギャグとして受け取っていたのよ。ナギ自身がオーバーリアクションをとったりとギャグ枠なところもあるしね。だからこれはそこまで重要視していなかったんだけど、とある人が纏めた画像によると愛島セシル(うたプリ)との類似点がこれまた異常に多いわけよ。後からまあ酷いものだと思ったよね。ほんと酷いし情け無い。外国人で、ある高い地位についていて、リアクションが大きくて、呼称が同じ。これじゃあここなが好きだというナギの個性はただの後付けにしか見えない。そして最後のハルキ。これはね〜もう私が拗らせてるって時点でごめんって部分もあるんだけど、上に書いた通り私は日向さんが大好きで、彼の過去も今も未来も全て大切だと思っているし大切にしたいと思ってる。ゲームのネタバレになるけど日向さんが昔失くした春輝(ハルキ)さん。この人がいたから今の日向龍也があるわけで春輝さんのことも大事に思ってる。だからこそナギが作曲家のハルキが行方不明と言った時に1度ストーリーを読み進めるのを止めたし不安に思った。だって酷いじゃない?春輝さんのことで日向龍也は笑えなくなるほど辛く悲しい思いをしたのに運営はそれを都合の良い設定としてストーリーに追加したのよ。日向さんはメインでゲームを作ってもらったこととかグッズ展開とか少ないし、うたプリクラスタだけど春輝さんを知らない人だっていないことはないと思う。だけれど、だからと言って日向さんの思いや記憶をそんな簡単に余所の他人に移して良いわけがない。あまりに惨い。だから、このことだけは運営がどう謝ろうと絶対に許さない。決してね。

 

長くなったけど2つ目。これはトレパク問題。 これに関してはプロデューサーじゃあないから全く気がつかなかった。本当に言われるまで1mmも疑っていなかった。やはりこちらも例のSNSで比較画像等で纏められるまで知らなかったし気がつかなかった。私が1番好きで可愛い欲しいと思っていた十のVDカードがアニメで見て可愛いな、と思った子のカードのトレスだと知った時ショックでしかなかったなぁ。後々、歌王子の画像もパクられていると知って余計にショックを受けたな〜。このことは運営が「そのような事実は無い」って言っても誤魔化しようがない事実だから早々に認めようよ。

 

1番ゲロ案件()で気色悪いと感じたのは運営側の同人活動に付き合わされていたということ。楽は種村(キャラデザ、イラストレーター)の好みで紡(ヒロイン)は種村の自己投影用で作られた人物。人付き合いが好きじゃない二階堂と仲良いアイドル(如月あると)、トップアイドルの義妹であり若手アイドルの妹(理)、事務所の愛されペット(きなこ)、有名アーティスト(ダグラス・ルートバンク)が運営側の女(根岸)。こんな運営側の大々的な同人活動に付き合わされていた上にお金落としていたとかほんと思い返すだけで気持ち悪いし後悔しかない。普通に考えてこの事実を知っていながら今もゲームを続けている人の神経を疑うわ。気持ち悪過ぎない??

 

これ以外にも私の知らない問題や疑惑があるのかもだし、これからアニメ化等のメディアミックスをしていく過程で何も知らない人がアイナナを好きになってお金を落としてってしていくのかと思うとウンザリ。今じゃすっかりこの問題に対して呟く人も少なくなって沈静化しているけれど、運営は曖昧な説明しかしていないし明確な説明責任を放棄している上に謝罪もあやふや。本当に謝罪すべき部分への謝罪は無かった。私にとってこの作品は害悪だし、いつまで経っても心の痼りとなっている。最低でも運営には謝罪と具体的な説明をしてほしい。これは義務だと思ってる。本当はサービス停止してほしいし納得のいく論理的で証拠や確証が持てる説明もしてほしい。どれだけ長くなってもそれを待っている人はまだいると思う。どうかこれから先、設定やイラストをパクったりせず皆が安心して楽しめるコンテンツが増えますように。こんな不快な思いを抱かせるコンテンツが誕生しませんように、潰れますように。

 

最後までお付き合いしてくださった方々ありがとうございます。